CULTURE

目白ってどんなとこ?

更新日: 2013/12/06

mejiro 目白は高級住宅のイメージがありますね。 事実、「徳川ビレッジ」や「徳川黎明館」などのあたりを歩くと、そんな雰囲気を感じます。 歴史的には明治時代、旧華族の大邸宅があり、大正時代に、西武(現コクド)が「目白文化村」と称して一般に分譲したそうです。 たぶん、西武グループを築きあげた堤康次郎が動いたんでしょうね。 また、佐伯祐三や林芙美子などの文化人なども住んでいたそうで、現在、その記念館もあります。 いろいろと散策して歴史を感じるところですね。

そんな目白の町を紹介するサイトを、目白の学生が運営しているようです。 「めじろおし!」というもので、学生の視点から目白の町を紹介しています。